UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.27
2008年10月にアメリカ・テキサス州を襲ったハリケーン「アイク」が通過した後、海岸に人魚が打ち上げられていたと言います。

この死骸は既に干からびており、体長は約1メートル、上半身は人間、下半身は魚類。伝説上の人魚そのものの姿。

日本のような気候の場合ミイラができにくい環境と言われていますが、テキサス州の発見現場が自然にミイラを作り出せられる環境であったのかは疑問に残ります。

海岸近くであるため湿度は保たれており、ミイラ化する前に腐敗するのが通常だと思いますが、そんなことはさておき、写真をご覧下さい。

▼ミイラ全体を後ろから撮影
ハリケーン・アイク通過後、人魚を発見!-1

▼尾ひれ、ちょいアップ
ハリケーン・アイク通過後、人魚を発見!-2

▼後頭部、ちょいアップ
ハリケーン・アイク通過後、人魚を発見!-3

▼尾ひれ、ドアップ
ハリケーン・アイク通過後、人魚を発見!-4

▼腰の辺り?、ドアップ
ハリケーン・アイク通過後、人魚を発見!-5

▼後頭部、ドアップ
ハリケーン・アイク通過後、人魚を発見!-6

▼まるで人間のような指
ハリケーン・アイク通過後、人魚を発見!-10

▼頭部
ハリケーン・アイク通過後、人魚を発見!-7

「続きを読む」クリック後、顔面の写真が見れます。

続きを読む »

スポンサーサイト
2009.04.22
ちょっとショッキングなネタですが、ウクライナにて、現存する動物には似つかない動物が誕生したとして注目を集めているそうです。

その動物はまるで人間のように四肢があり、人のように動かすことができる。しかし尻尾が生えており現存する生物には似つかないその容姿に、地域住民は宇宙人であると語る人まで出ているそうです。

しかしその生物は現地人が飼育している犬が産み落とした子犬の1匹。全部で5匹誕生したそうですが、この奇妙な姿をしている子犬は一匹のみ。

少なくても犬から誕生している以上、宇宙人であることは全否定できますが、子犬がこのような姿で誕生してしまった理由は有害物質などによる奇形であるという説が有力でしょう。

この子犬は誕生してまもなく絶命したそうですが、このような不幸な姿で誕生してしまう原因はやはり人間によるものなのでしょうね・・・。

写真を見た限り、子犬とはとても思えません。

写真を載せますが、この写真を見たことによる精神的苦痛など、当方は一切責任を持ちません。自己責任で見てください。

続きを読む »

2009.04.17
宇宙人のミイラと騒がれた「アレシェンカ」の画像を追加しました。生前は老婆に飼育されていたと言われていますが、その真相は明らかになっていません。

▼頭部-正面から
アレシェンカ-1

▼下半身-正面から
アレシェンカ-2

▼頭部-横から
アレシェンカ-3

▼全体-横から
アレシェンカ-4

▼上半身-持ち上げてみて
アレシェンカ-5

写真を見てもらっても人間とは言い難いミイラであることがわかります。人間のように四肢はありますが、ヘソが無かったり、耳の穴が無かったり、タマネギのように頭蓋骨が重なっているような構造は人間ではないことは明らかです。

しかし、この生物を生前に包んでいたとするタオルにこの生物の血液が付着していたようで、DNA鑑定によって人間の女児であると結論付けられました。一般的な構造と違う理由は環境汚染。その影響を受けた奇形の子供であると結論付けています。
2009.04.14
河童妖怪やUMAとして知られる河童は、地域によってその姿や呼び名が異なります。

最もよく知られている河童の姿は、全身緑色で背中に甲羅を背負っており、口は嘴のように尖っている。また髪の毛らしいものが頭には生え、皿のような窪みがある。その皿が弱点とも言われ、水が渇くことで死んでしまうなどと言われています。

上の写真は河童のミイラとしてメディアにも登場しましたね。これは佐賀県伊万里市山代町の酒屋さんの屋根裏から発見されたもの。発見された当時には、「河伯」と書かれた箱に収められており、現在では水神様として祀られています。

また、過去に河童の腕のミイラなども登場しましたが、猿の腕に他の動物の爪をくっつけたものであったりと、作られたものもありました。また人魚のミイラもメディアに登場しましたが、魚を下半身に、上半身は猿や他の生物の骨格を利用して作られたとも言われていました。

江戸時代後期には、日本はミイラの一大輸出国であったということもあり、ミイラの製法技術に長けていたようです。恐らくは、この時代に、人魚のミイラなどの架空の生物のミイラを作り、人々を楽しませていたのではないでしょうか。


河童にまつわる伝説と言えば人を水中に引き込み、尻子玉を抜くと言われています。尻子玉を抜かれたヒトは、ふぬけになるとも言われています。

尻子玉とは、 一説によると、肛門にある架空の臓器とも言われています。また、他の説によるとそれは「肝」であり、内臓を表していることもあります。昔話で「尻子玉を抜かれてふぬけになった」なんてオチは面白おかしく感じますが、「内臓を抜かれ死んでしまった」なんて言われたら、ちょっとひいてしまいますよね・・・。


また、好物はきゅうりと言われていますが、きゅうりが好物である理由はヒトときゅうりの味が似ているからという説があります。 また、尻子玉については、ちょっとダークな伝承があります。溺死者は筋肉の弛緩により、肛門が大きく開くと言われています。当時(昔のこと)はこういう現象がまだ未解明であったため、その姿を見て、河童がヒトを川へ引き込み、肛門へ手を入れて尻児玉を抜いて殺した、というふうに語り継がれたそうです。


河童の特徴と言えば頭の皿。皿が割れると死ぬとか、乾くと力が弱くなると言われています。また、水中では、大人でもかなわない程の力を発揮するそうですが、陸へ上がると子供でも対抗できるくらい力が弱くなるとも言われています。また、河童は相撲が好きであるとも言われており、子供と勝負する姿を語っているものもあります。この勝負に負けると尻子玉を抜かれるそうです。



河童伝説の一つ「本所の七不思議のおいてけ堀」
「おいてけ堀」は日本で有名な話であり、漫画やアニメ、怪談などで取り上げられています。本所とは、東京都墨田区南西部の地名であり、この七不思議の一つとして「おいてけ堀」が語られています。

堀で釣りをし、夕暮れ時に帰ろうとした時、「おいてけ~。おいてけ~。」の声。驚いた釣り人が釣った魚を置いて逃げてしまうという内容ですが、この声の主が河童とも言われています。「おいてけ堀」にまつわる物語は何人もの作者が手がけており、声が聞こえ驚いた釣り人は急いで家に帰ったが、魚籠(びく)に入れた魚が消えていた、というエピソードも語られています。

おいてけ堀の場所 具体的な場所は特定されていませんが、現在の東京都墨田区にある錦糸町駅付近が「おいてけ堀」の舞台となった場所とも言われています。江戸時代にはこの近辺は緑が生い茂り、自然のため池が点々とある寂しいところだったようです。河童にまつわる話は日本各地に語られており、ヒトを助けたり、時には殺してしまったりと様々なエピソードがあります。


目撃された河童
2009.04.14
オウルマン

イギリス南部で目撃された「オウルマン」ですが、画像のアップを忘れていました。
2009.04.10
ポニックは、カナダのケベック州とアメリカのメイン州の堺にあるポヘネガムーク湖とモッキング湖で目撃されているUMA。

1950年後半に、地元新聞に大きく取り上げられたことで有名になったそうです。目撃証言は1874年以降からあり、1900年後半には調査も実施されています。

湖以外にも沼や河川でも目撃されており、体長は5~10m、4本の足があり、頭部が馬などに似ていたそうです。また、背中にはギザギザの背びれのようなものがあったそうです。

足があるという証言から、水陸共に活動できるUMAではないかと言われています。
2009.04.08
吸血鬼は架空の存在ですが、中世ヨーロッパではその存在が恐れられていたのは事実なようです。

今年(2009年3月)、イタリアの研究チームによってベネチアにて「吸血鬼の頭蓋骨」が発見されました。

発見された場所は、16世紀の当時に流行した疫病の犠牲者を埋めたラッザレット・ヌオーボ島の集団墓地。頭蓋骨は口大きく開けられ、レンガが詰め込まれており、儀式を行なっていた事実の裏づけとなりました。

生前に口にレンガを詰め込まれたのかは定かではありません。

過去、悪魔祓いの儀式など各地で報告されていますが、何の罪も無い一般民が悪魔祓いの対象となっていたのも事実です。我々日本人が比較的知っている例は魔女狩りでしょうか。魔女狩りでは多くの一般人が残酷な処刑によって命を落としています。

今回の頭蓋骨発見によって今後の吸血鬼伝説の発祥などの手がかりになるかもしれないとしていますが、魔女狩りのように残酷な事実があったとすれば怖いものです。
UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。