UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.30
実在したマンドレイク錬金術の材料として用いられ、不老長寿の薬として語られるマンドレイクですが、中国の山東州でまるで人間の夫婦のような形をする根っこを持つ植物が発見されました。

写真がその発見されたマンドレイクと言われているものですが、見事に人の形を模っています。

ご存知かもしれませんが、マンドレイクは現存する植物であり、地中海から中国にかけて自生する植物です。


●現存するマンドレイク
ナス科マンドラゴラ属に属し、紫色の花を咲かせます。古くから鎮痛剤などとして利用されてきましたが、服用すると幻覚症状や錯乱状態となり、最悪死に至ります。これら麻薬作用があることから現在では使用されることはないようです。


●伝説上のマンドレイク
錬金術の材料として用いられ、不老長寿の薬として語られています。成熟する前に引き抜くと、奇声・かなきり声を上げ、それを聞いた者は死に至る。成熟すると地面から這い出し、脚のように分かれた根で歩くとされています。自生する場所は処刑台など血や体液が流れる場所という説もあります。


▼伝説上の採取方法
マンドレイクを採取するためには奇声を聞かないことが前提であり、耳栓をするという手段がオーソドックスな方法として伝えられています。その他、愛犬とマンドレイクを結び、遠くから犬を呼ぶことで身代わりとなり採取させる方法も伝えられています。
スポンサーサイト
2009.05.25
【タッツェルブルム】爪を持つ蛇【タッツェルブルム】は蛇のような長い胴と、鉤爪がある前脚を持つと言われる伝説上の生物です。

しかし、1700年頃から発生したヨーロッパ地方、特にアルプス山脈での目撃証言や、伝説で語られる【タッツェルブルム】に似た化石が発見されたことから、現存している生物として有望視されている未確認生物のひとつです。

写真は【タッツェルブルム】の化石であると発表されたもの。

写真を見た限りでは胴体と思われる部分は蛇の骨格に似ていますね。肋骨が横に広がっているのは土砂などの圧力で横に広がったのでしょうか。前脚には指が3本付いており、いずれも鋭い鉤爪が確認できます。

家畜などを襲うと語られていますが、【タッツェルブルム】を描いたイメージ図では人間よりも一回り大きいサイズで描かれることが多く、人間にとっても脅威であったことが伺えます。
2009.05.23
猿の顔を持つ豚の誕生-2中国の河南省という地域の村にて、猿の顔を持つ奇妙な豚(以下、勝手に【猿面豚】と略します)が誕生しました。

※ページ最下部にある写真は衝撃的な写真だと思いますので苦手な方は、個別ページではなく、カテゴリの【不思議生物】もしくはトップページからご覧下さい。(投稿時時点)

この猿面豚は民間人が飼育していた豚から2008年の夏に誕生したもので、同時期に生まれた他の4匹は正常の豚であったそうです。

ミニブタ右の写真は通常のブタ(ミニブタ)です。種にもよるかと思いますが、猿面豚は前足が長いようにも見えます。

そのためか、移動するときには跳ねるように移動すると飼い主は語っているようです。

なぜこのような豚が誕生したかは理由は不明ですが、一部の研究者は遺伝子障害で誕生までに顔の形成が正常にされなかった、と見解しています。


ここからは当方の見解ですが、本当にこの顔で誕生したか疑問に思っています。その理由については、現在中国では動物の整形手術が流行っているという事実があるため。

既に飼い犬に眉毛をつけたり、無意味な二重瞼にするなど動物虐待さながらのビジネスが中国では成り立っており、猫や犬などを染色液に付け、カラフルな状態にして販売するペットショップが多く存在しているようです。染色液は生物にとって劇薬であり、漬けられた動物は激痛を強いられているようです。販売時には鎮痛剤を投与し、元気に見せ掛け購入後1週間で死亡するという例が相次いでいます。

中国のペット産業事情

中国のペット整形事情では、手術さえすれば犬をロバやパンダ、ブタなどの姿に変えることができると中国の業者が語っていることから、この豚も話題提供の犠牲になったのでは?と疑いたくなる要素です。
(当方の見解は推測に過ぎません)

なにはともあれ話題となった猿面豚の写真を下の【続きを見る】よりご覧下さい。
(ショッキング写真なので自己責任でお願いします。)

続きを読む »

2009.05.22
巨大な頭部のみが漂着2007年、中国の大連の砂浜に、3メートルにも及ぶ生物の頭部と思われる部位が漂着していたのが発見されました。

切断面は何者かが切り落としたような切り口であったと証言されています。

気になるのがその正体ですが、赤黒く変色した物体は腐敗が激しく処分されたようで、詳しい学術調査はされていません。

大連湾パッと見た様子では鯨の頭部にも見えなくもない。事実一部の専門家は深海鯨の一種という説を挙げているそうです。

→大連のおおよその場所

漂着物として有名なのが「グロブスター」ですが、これらと違い大連で発見されたこの頭部は生物としての原型を留めており、詳しい調査がされれば種が特定できたかもしれませんね。
2009.05.07
今回はUMAなどから外れ、海外の実話です。

わずか生後3日の赤ちゃんの脳にあった腫瘍を手術で取り除こうとしたところ、形成された手足が発見されました。

アメリカ・コロラド州に住む夫婦から生まれたこの赤ちゃんは、母親が妊娠41週の時点で脳に流体(せん断応力の大きさに応じて連続的に変形する物体の総称)があることが確認されました。

その後無事出産し、腫瘍がありながらも極めて健康に見える赤ちゃんをMRI検査した結果、脳腫瘍と判断され、場合によっては癌の可能性もあるとして、生後3日目で急遽腫瘍摘出の手術が行なわれました。

しかし腫瘍と思われていた部分から出てきたものは既に形成された2つの足と手、もも構造に似たもの。

似たような症例では、胎児の腹部に胎児が形成されている例、未完成の組織が胎児の体内に形成される例がありますが、今回のように部位が完全に形成されて発見されるのは非常に稀なケースだといいます。

今回も写真を紹介しますが、この写真を見たことによる精神的苦痛など、当方は一切責任を持ちません。自己責任で見てくださいね。一応モノクロに加工しました。フルカラーで見たい場合には画像をクリックして下さい。

続きを読む »

2009.05.05
シャドー・ピープル(影人間)日本ではあまり耳にしないシャドー・ピープル。海外では頻繁に目撃され、これを目撃した人は奇妙な現象にも見舞われているそうです。

シャドー・ピープルの目撃証言はいくつかパターンがあるようで、ひとつはカメラやビデオによる撮影、もうひとつは静止している彼らを目撃するという例。

シャドー・ピープルの目撃証言の共通点は、彼らは超高速移動するということ。そのため、一瞬見たけれどもすぐに見失ってしまい、証拠の写真やビデオを残すことができないようです。しかし、何気に撮影されていたビデオやたまたま撮影した写真にその姿が紛れ込んでいるようです。

右の写真はその目撃証言より基づき描かれたもの。これも奇妙なことに男のシャドー・ピープルは帽子被っており、女のシャドー・ピープルはマントを被っているという。

また、彼らが登場するときには予兆があると言われています。ある男性宅に出現した証言によると目撃する数日前から突然家電製品の電源が切れたり、物が勝手に動き出すというポルターガイスト現象が発生。そして登場する直前には焦げ臭い臭いが充満するという。この臭いを嗅いだ人は身体に違和感を覚え、吐き気などの症状を起こす人もいるようです。その直後部屋を見渡した彼の目の前に人の影が出現、彼の目には数秒間だけ捉えることができ、消えてしまったそうです。

イラストのように男女を区別できる例は稀であり、ほとんどの証言が【影が出現し高速移動して消えた】というのが共通点とも言えます。帽子を被った男とマントを被った女を目撃したという証言は数回に過ぎません。

ポルターガイスト現象などが発生しているため非常に霊的なイメージを持ちますが、シャドー・ピープルの正体は様々な説が語られています。

●霊的存在
ポルターガイスト現象などが発生しているのは霊の特徴であり、これを掲げる人は少なくありません。

●異次元のヒト
我々の住む世界は3次元ですが、彼らはもっと別次元の存在であり、この3次元の世界に何らかの理由で現れ影のみが現れたという説。
(別次元だから存在そのものは人間の目で捉えられないということなのでしょうか…。)

●幽体離脱
幽体離脱した目撃者本人の影という説。


あなたの周りで焦げ臭い臭気を感じたら、それはシャドー・ピープルが出現する予兆なのかもしれませんね…。

▼「続きを読む」をクリックするとシャドー・ピープルと言われている影の動画を見ることができます。

続きを読む »

UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。