UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.15
人の顔を持つ奇妙な生物が誕生したとして、イスラム圏より映像が流出しました。

人の顔を持つ生物

顔は人、胴体はライオンであるこの生物は、イスラムの教えに背いた女性が産み落とした生物という説があるのだが真相はわからない…。

映像では檻のようなところに入れられ、四肢を動かしたり、首や口、目を動かしている様子が映し出されている。また、微かながら泣き声のようなものも聞き取ることができる。

既に多くの人がこの動画を見ることが可能となっているので、このブログでも載せておきます。

続きを読む »

スポンサーサイト
2009.09.14
白銀の世界である南極大陸で、動物の死骸が見当たらないにも関わらず、氷から血の滝が流れる現象が確認されています。最も有名なものは1911年に発見された「Blood Falls(血の滝)」。真白な世界で流れる血はまさに異様な光景です。

血を流す南極大陸1

この「血の滝」の成分は鉄分を含んだミネラルの水。「血の滝」がある氷塊の下には太古の海水を含んだプールが存在し、鉄分と濃い塩分を含み、この場所に太古から生息する微生物の影響で「血が流れる」という現象が発生していると言われています。

しかし、一般的に微生物がエネルギー源とする硫酸塩がほとんど含有されておらず、現在確認されている微生物とは違った代謝をしている可能性があるとされています。硫酸塩をエネルギー源としていれば還元される硫化物で微生物の存在が証明されるため、硫化物が含まれていない「血の滝」と微生物との因果関係が今まで証明できなかった要素のひとつであるとも言えます。

栄養源が欠しく光合成も不可能な極限環境で生息している微生物達は、地球が氷に覆われていた時期から存在していた可能性があると推測されています。

血を流す南極大陸2
2009.09.10
フラットウッズ・モンスター3メートルの巨体、写真には真っ赤な顔を持つ宇宙人で知られる「フラットウッズ・モンスター」。アメリカで目撃された後、UFOの目撃証言も急増したことで知られている。

その特徴は、顔が赤く、鉤爪のような手を持っており、緑色の布のようなものを羽織り、宙に浮いていたとされている。写真にもその姿が捉えられており、その姿は全身真っ赤であった。

また、姿を現す時には霧が立ち込めており、その霧を吸い込んだ者は呼吸器系の腫れ、痙攣、嘔吐などの症状が現れたという。

最も有名な証言として、1952年、アメリカのフラットウェッズ町の出来事である。
当時、子供たちが不可思議な浮遊物体を目撃し、それを聞いた美容院の夫人と子供たちでその目撃現場に駆けつけた。その現場には3メートルにもなる巨大な火の玉のような輝く物体があり、辺りには霧が立ち込めていたという。辺りは既に暗く懐中電灯で照らしたところ、3メートルにも及ぶ巨大な生物がその場に居た。その生物は彼らに浮遊しながらシューという音を立てながら接近し、目撃者らはその場から逃げた。

その後保安官らに通報し、再度その現場に行ってみたところ、その生物や巨大な火の玉のような物体は姿を消していたという。


「フラットウッズ・モンスター」の最初の目撃証言であり、最も有名なこのエピソードが知れ渡るとアメリカ全土にこの情報が伝わり、その後からUFOや類似する生物の目撃証言が相次いだ。


これら目撃した物の正体について、巨大な火の玉については隕石が挙げられている。そして肝心な「フラットウッズ・モンスター」については顔の形や鉤爪があった位置などからして「メンフクロウ」ではないかと言われている。

しかし、全身真っ赤で捉えられている姿については未だ不明である…。

メンフクロウ
2009.09.05
ジンバブエのとある村にて、まるで人間のような容姿をしたヤギが誕生したと発表されました。

ジンバブエで人間のようなヤギが誕生

誕生したヤギは肩や首、頭など人間のような体型をしており、奇跡と称されたこの生物を多くの人が見に訪れました。


この村の知事は発表で、この奇妙な生物の正体は成人男性とヤギとの間にできた個体であると主張しました。また、村人たちは魔法でできた個体であったと信じ恐れ、迷信深い村人たちは生物学的な検証がされる前に火葬し、テール(尻尾)と脚を食べてしまいました…。


動物の専門家は脳水腫などによって顔が変形した可能性があるという説も挙げており、なにより、それが本当にヤギであったのかということも前提に獣医などの診断をすべきであったと主張しています。

また、交配については我々も周知の通り他種間での交配で妊娠することは不可能です。

どのような目的でこのような政治的声明が出たかはわかりませんが、この奇妙な生物が火葬にされたのは知事やローカルチーフによって導かれた地元の政治家が飼い主宅を訪問した後だそうです。


奇妙な生物の写真はこちら(ショッキングな画像です)
http://www.newzimbabwe.com/news-912-Exclusive%20Pictures%20The%20human%20goat/news.aspx
UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。