UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.29
インドネシアのスマトラ島で目撃されている人型タイプの未確認生物で、現地で「オラン・ペンデク」は『背の低い人』を意味している。

特徴は2足歩行であり、体長は80~150cm、全身茶色もしくは濃いグレーの体毛で覆われている。頭部は毛がふさふさであり、たてがみのようにも見えると言われている。手は脚より長かったとされており、類人猿のような姿を連想させる。

目撃例は13世紀から始まり現在にも報告されている。

2001年にはアダム・デイビス氏、アンドリュー・サンダーソン氏、キース・トウリー氏ら探検家によって現地調査がされ、これにより石膏で固めた20cmほどの長さ足跡と、長いオレンジ色の体毛の採取に成功している。この模様はイギリスのテレビ番組で放送された。ここで採取された体毛ついては専門家による調査もされており、現地に生息しているオラウータンなどの既存生物のものと一致しなかったことでも注目を集めた。

また、2003年には動物学者と科学ライターら3名による現地のガナン・トゥジュ湖の調査がされ、2足歩行する生物の足跡を発見している。

また、他の未確認生物にくらべいくつかの性質も伝えられており、怪力であること、果物やパフールという草、昆虫や爬虫類を食しているとされている。

2003年の調査ではオラン・ペンデクが食すパフールという草の茎が食い荒らされており、食い残しの茎に歯型も見つかっている。


オラン・ペンデクの正体については近隣の島で類人猿の化石が見つかっていること、多数の小型の人型の生物の目撃証言が多い事から、類人猿から派生した新種の人属ではないかと言われている。
スポンサーサイト
2010.01.25
アメリカのモンタナ州・フラットヘッド湖で目撃されている湖の怪物。

1968年、フラットヘッド湖で謎の生物が目撃されることが相次ぎ、地元の保安官が家族と共に泊まりこみで監視をしていた。深夜突然湖面が波立ち、その音に気が付いた保安官が船着場に向かったところ、巨大な生物がいたという。

銃を持ち出した保安官が発砲した後、その怪物は姿を消したという。

この時の証言で、首が長く、顔は水鳥のようで平べったい嘴をもつ。体長は定かではないが確認できた部分のみで8メートルはあったという。

現在、その怪物について確かな証拠はないが、その正体は顔などの特徴などからコリソサウルスの生き残りではないかと言う説がある。
2010.01.23
アイルランドの上空に高速で動く奇妙な飛行物体が確認されました。

夜空に光る三角形の飛行物体



この映像はナイトスコープを通して撮影されたものだそうで、映し出された飛行物体は肉眼では確認できないことを示していると言われています。

また、光る飛行物体を拡大してみると三角形の形をしており、光っている部分がいくつもあることが確認できます。

かつて英国防相のUFO部門にいたニック・ポープ氏はこの映像を見て、ライトの構成が今までに見てきた航空機のものと異なっており、かつ信じられないほどの高速で移動しているとコメントしています。

Reference
2010.01.20
以前、ジンバブエで人間のようなヤギが誕生でも紹介したような人のような姿をした動物が、トルコで生まれたとして話題になっているようです。

人の顔を盛ったヤギ?
◆画像をクリックするとショッキングな画像がモザイクなしで見ることができます。

帝王切開によって誕生したヤギで、担当した獣医はまるで人間のような目、鼻、口をもった子ヤギの姿に目を疑ったという。顔のパーツの内、唯一耳だけが本来の姿をしており、奇形の動物をいくつも目にしてきた地元の獣医ですら、驚きを隠せなかったそうです。

このような奇形の姿で誕生してしまった理由としては、母ヤギのビタミンAの過剰摂取によるものだろうと推測されています。

Reference
2010.01.17
「モラグ」は、スコットランドのモラー湖で目撃された水棲の未確認生物。

性格は凶暴とも言われており、目撃証言の中には、漁船を転覆させられそうになったというエピソードもあります。

その姿は、首が長く、背中にはコブがある。全身灰色もしくは黒色をしており、首長竜を連想させる姿だと言われています。

また、首長竜と言えばネス湖のネッシーが有名ですが、モラー湖からネス湖の距離は約80キロと近いことから、正体をネッシーと同類のものだと言う説もあります。
2010.01.15
「アンティキティラの機械」は、1902年の地中海にて、2000年以上も前に沈んだとされるギリシャの沈没船から見つかったもので、最古のコンピューターと言われています。発見当時、この機械はバラバラの状態、かつ石灰化した状態で発見され、どういう代物か不明なままでした。

アンティキティラの機械

しかし2006年、科学者達による放射線分析によって天体の動きを予測するための機械であったことが発表されました。数十もの歯車が連動し、複雑で高度な機械であるため、一つの説としてオートマタ(からくり人形)などが作られていたロードス島で作成されたものであると考えられています。

しかし、文献にある古代ギリシャの機械の類でこれほどまでに精密なものは無く、測定結果も現代の技術とほとんど誤差がないことから、当時の時代からは見合わない代物です。

科学者たちによる発表後、「アンティキティラの機械」のレプリカが完成しました。


▼「アンティキティラの機械」のレプリカ映像
2010.01.12
2009年12月、アメリカ・ペンシルベニア州のとある町で、奇妙な生物がカメラの前に姿を現しました。

暗闇で遭遇!闇に潜む奇妙な生物

撮影したのはこの土地の所有者。夜、物音を聞きつけ暗闇の中をカメラで撮影しながら調べていたところ、人のように2足歩行が可能な生物に遭遇。現地では近年ビッグフッドの目撃例が増えていることから、映っていたのはビッグフッドのような獣人タイプのUMAではないかと推測されているそうです。

▼問題の映像はこちら
2010.01.10
江戸時代、会津磐梯(ばんだい)山付近をはじめ東北地方の一帯で子供たちが失踪する事件が多発。調査の結果、怪物が子供を誘拐し食らっていたことが判明。下の画像はその怪物を描いたものと言われています。

会津磐梯山に現れた子供を食う怪物
【国立公文書館より】

1782年、鉄砲の名手(松前三平)によって大筒で射殺され、その後の調査の結果、背の高さは4尺8寸(1.44メートルほど)、口は耳まで裂け、鼻は長く鋭い。全身毛に被われ、短い手足には水かきがついていたと記録されています。

また、この怪物の驚くべき能力として名手以外の銃撃は全て跳ね返したという説があります。
2010.01.05
2007年11月16日、アメリカのイリノイ州の猟場にて、奇妙な発光体が撮影されました。

暗闇に光る牛乳瓶のような発光体
http://www.earthfiles.com/news.php?ID=1631&cateegory=Environment

この写真は深夜、赤外線センサーカメラによって撮影されたもの。中央には鹿と思われる生物が映っていますが、その右側に牛乳瓶のような形をした発光体が確認できます。

このカメラは1分間隔で数枚写真を残していますが、これらを比較しても左右に移動していることが確認できます。また、写真の1枚には鹿と思われる生物がこの発光体を確認できているかのように見ているシーンも捉えられています。

カメラの持ち主はこのセンサーカメラのメーカーにこのような発光体が映る原因を探ろうとしましたが、メーカー側も一切わからずじまい。そこに発光体があった可能性が高いと言われています。
2010.01.02
北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の境に位置するパナマ共和国にて、2009年9月、奇妙な生物の死骸が見つかったと去年話題をよびました。

この生物は4人の少年らに発見され、投石や殴打によって殺害。その後死骸を放置し、別の青年2人によって発見されたと言われています。

横たわる奇妙な生物の死骸

写真を見てもわかるように全身毛がなく、ほのかにピンク色をした皮膚、右腕の先端は湾曲した爪のようなものが見えます。

この死骸については現地のテレビ番組でも紹介され、エイリアンか!?と噂されるほどになりましたが、生物学者によるとナマケモノではないかと推測されました。発見後、専門家による詳しい調査はされず正体は不明のまま。死骸も消えてしまったと言います。


しかし後に報道された情報によるとこの生物の死因など大きく異なる記述があるのが気になります。別の説ではこの生物は水死したナマケモノであり、全身がふくらみ、毛が抜け落ち、皮膚には光沢が出たものだという。死骸は消えたのではなく、人の手によって埋葬されたそうです。


どちらの説にしろ、正体はナマケモノであった可能性が高いというということで落ち着いたようです。

続きを読む »

UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。