UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.28
ドッグマンは、アメリカ・ミシガン州で目撃された半人半獣の未確認生物。

2009年の2月頃、子供をあやしていた女性2人が、獣の咆哮聞いた。当時女性らは室内におり、咆哮を耳にしたのち、何者かの影を外に見た。その後、農場の家畜小屋から家畜が騒いでいたため様子を見に行ったところ、そこには奇妙な生物がいたと言う。

目撃証言から、その生物は身長2メートル以上、頭部は犬のようで、2足歩行をしていたといいます。


翌日、家畜小屋を訪れると、そこにはその生物のものと思われる獣のような大きな足跡を発見している。


正体については詳しい検証はされておらず、目撃証言も他のUMAと比べ極めて少ないので謎が多いUMAです。
スポンサーサイト
2010.06.08
モノス

モノスはベネズエラで目撃され、人を襲撃したと言われている獣人タイプのUMAです。別名、ロイス・エイプ。

1920年、スイスの地理学者フランシス・ド・ロイスが、南米ベネズエラの山奥(エル・モノ・グランデ峡谷)にあるタルラ川でキャンプを張っていたところ、で正体不明の2頭の獣人に襲撃されたと言われています。その際、身を守るために発砲し、1頭を射殺。上の写真はその時のものだと言われています。

モノスと名付けられたこの獣人は、射殺した死体より、身長は約1.5m程で全身毛むくじゃら、歯は36本生えていたことが報告されています。また、ロイス氏が襲われたことから性格は凶暴とされており、1954年にも峡谷に入り込んだイギリス人のハンターが2頭のモノスに襲われたという報告もあります。

貴重な資料となったこの死体は頭蓋骨のサンプルが採取されましたが、船で搬送中に転覆し紛失したと報告されています。

モノスの正体については、新種のクモザルだという説が挙げられています。
UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。