UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●チュパカブラ画像集
  ●シャンプレーン湖で目撃された水UMA「チャンプ」

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク

「サンダーバード」人や家畜を襲うアメリカの巨鳥

2010.03.20
「サンダーバード」人や家畜を襲うアメリカの巨鳥

サンダーバードは、アメリカ・インディアン族で語り継がれていた稲妻などを発生させる能力を持つとされている巨鳥です。姿はワシに似ていると言われており、鋭い鈎爪で自分の体重以上の獲物を吊り上げて飛ぶことが出来き、人や家畜を襲ったと伝えられています。

しかし伝説上の生物でありながら、アメリカ全土で昔からそれらしき巨鳥を目撃したという事例が数多くあり、現代に至っても度々報告されています。実際の目撃証言によると、姿はコンドルに似ており、人を連れ去るために鉤爪で吊るし上げたと言われています。


有名な目撃証言は、1865年には、アリゾナ州南東のトゥームストンで巨鳥を射殺。また、1890年にも射殺に成功し、その時の討伐隊とサンダーバードと言われている巨鳥の死骸の写真が当時の新聞記事に掲載されている。

1977年7月26日には、アメリカのイリノイ州ローンディールでは、翼長が3mほどある二羽の巨大な怪鳥が現れ、家の庭で遊んでいた10歳の少年の背中をつかみ飛び去ろる事件が発生。この時、少年が暴れたため怪鳥は途中で離し少年は助かったという。この時少年を連れ去ろうとした巨鳥には首に白いリング状の模様があったと被害者親子が証言している。この件の目撃証言により、サンダーバードの正体として有力視されたのが、500~800万年前まで生息していたという翼長8mの巨鳥、「アルゲンタビス・マグニフィセンス」の生き残り説ですが、足はツルなどの鳥に近い構造であると考えられており、人などを持ち上げるのは難しいとして否定的な意見も出ています。

▼「アルゲンタビス・マグニフィセンス」の復元模型
アルゲンタビス・マグニフィセンス


この他の説には1万年前まで生息していたという翼長5mの猛禽類、「テラトルニスコンドル」が挙げられています。

また、アフリカでもサンダーバードを射殺したという報告もあり、この地で目撃されている「コンガマトー」とサンダーバードは同じ種ではないかとも言われています。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●チュパカブラ画像集
  ●シャンプレーン湖で目撃された水UMA「チャンプ」

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。