UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●生物の再生・復活能力
  ●カブトガニ

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク

シーラカンス

2009.02.06
シーラカンスシーラカンスは肺魚とともに肉鰭綱に分類され、魚類と陸上脊椎動物の分岐点にあたるものと考えられているそうです。

化石によってシーラカンス目は古生代デヴォン紀から出現し、約8千万年前中生代・白亜紀末期に恐竜らとともにほとんどの種が絶滅していることが明らかになっています。

古生代と中生代のシーラカンス目は、現生のように深海で生息しておらず、浅い海や淡水域に広く分布していたと考えられ、体型、体長もさまざまなものが存在し、現生のシーラカンスに近い体型のものから、タイのように体高が高く種もいたようです。

また、全長が3mに達する巨大な種も化石から発見されています。

ヒレがたくさんあるのも特徴の一つです。 また、背骨は軟骨のように貧弱で、中には液体が詰っており、うきぶくろには脂肪が詰っています(通常は名前の通り、空気が入っています)。

また、直接稚魚を産み落とす卵胎生であことが現生のシーラカンスの解剖によって証明されています。

1938年に南アフリカでシーラカンスが確認され、その後1997年にはインドネシアでインドネシア・シーラカンスの現生が確認されています。食用とされていたそうです。

多くの化石種によって存在が知られており、白亜紀末期以降化石が途絶え1938年に至るまで現生種が確認されなかったことなどにより、絶滅したと考えられてきました。しかし、1938年の発見の後、化石種と現生種の間で形態的な差異がほとんど見られないことなどから、これら2種は「生きている化石」と呼ばれるようになりました。

▼シーラカンスの映像

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●生物の再生・復活能力
  ●カブトガニ

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。