UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●遊園地の上空にリング状のUFOが出現
  ●約6億年後の地球

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク

雷と共に現れる雷獣

2009.06.22
雷と共に現れる雷獣雷獣は、日本で江戸時代ころに最も話題を呼んでいた妖怪です。

右の写真はそんな雷獣のミイラとして新潟県の西生寺に奉られているもの。

雷獣の性質について様々な伝承が残されており、その姿は猫、狸、狼のような哺乳類に似ているとされています。しかし一部の地域では奇妙な姿で記録されているものもあるようです。

空が未知の領域であった時代、空に未知の生物が存在していると信じられていました。雷獣は雷が発生すると活発に活動すると言われており、上空で発生した落雷などにより被害にあった雷獣が地上に落ちてくると言われています。

新潟県の西生寺以外にも、岩手県の雄山寺でも雷獣のミイラが奉られています。こちらのミイラは奇妙であり、頭部に眼窩がなく、四肢が長い。一見、これらミイラは猫のようにも見えますが、現存する生物とは明らかに特徴が異なることから、雷獣などの未知の生物のミイラであると言われています。


雷獣に関しては様々なエピソードがあり、そのひとつとして落雷の被害が多かった地域で雷獣が住んでいると信じられ獣狩りを行なったという説があります。滋賀県にある富士神社では、そんな落雷の被害に困った地域の人々が捕獲した雷獣と思われる獣を殺し、祠を建て封じ込めたという説があります。

明治時代には雷獣が捕獲された!という新聞記事も登場し、捕獲後の生態調査なども紹介されたようです。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●遊園地の上空にリング状のUFOが出現
  ●約6億年後の地球

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
コメント
No:86|
とらぁー!
妖怪いいなぁ。ロマンだなー。
昔の人が自然に対してどんな感情を抱いていたのかかいま見えて面白いね。
狩られたのは大体が猫狸の類でしょうね。
2009/06/22 07:23|by (´・ω・`)|(´・ω・`) URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。