UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●ロッキー
  ●ウォーター・ボベジャン

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク

アルマス

2008.04.29
中国やロシアの山岳部(コーカサス地方)に生息していると言われている獣人タイプのUMA。

アルマスの特徴は、原住民の目撃証言などにより、身長が約2m、体重は200kg、全身に赤茶色の毛が生え、顔は原始人のようなヒトの形をしている。さらに、手は長く膝まであり、道具を使う、などが挙げられています。


標高3000m前後の山岳地で生息していると言われ、過去の記録では、捕獲され、人間に飼われていた、と記されているようです。
その見た目や生活習慣などから、原始人の生き残り説が最も有力とされ、現在でも語り継がれています。


過去の目撃情報では、1880年、ロシアのオシャムシール地域でメスのアルマスがハンターに捕獲され、その後「ザナ」と名づけられ人間によって飼いならされていたようです。ザナはち簡単な仕事がこなせるようになり、人間との子供も誕生させたと言われています。

1941年には、ソ連のカラペチアン陸軍中佐はコーカサス地方で、全身焦げ茶色の毛で覆われ、濃い眉の下に窪んだ目、体格のがっちりした男を調査。

1992年には、フランスとロシアの調査隊がアルマスの調査のためにコーカサス山を探索。その結果、多数の目撃例や、足跡、洞窟にあった骨などを採取したようです。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●ロッキー
  ●ウォーター・ボベジャン

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。