UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●モンゴリアン・デス・ワーム
  ●コンガマトーについての追記

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク

ジェヴォーダンの獣

2008.06.21
ジェヴォーダンの獣


「ジェヴォーダンの獣」は、18世紀フランスの現在のロゼール県に出没した大型のオオカミに似たUMAです。

「ジェヴォーダンの獣」は映画化にもされ、伝説のように語り継がれていますが、その存在に対しての記録もあり、詳しい正体は解明されていません。

ルイ15世がフランスの王位についていた時代にその目撃や被害が発生しており、1764年、ロゼール県のコミューンから来た女性が、オオカミに似た動物が自分に向かって真っ直ぐに走ってくるのを目撃。しかし、農場の雄牛らによって追い払われた、というのが最初の襲撃となります。

一か月ほどして、公式に確認された初めての犠牲者が、ランゴーニュから近いレ・ウバックの村近くで殺されているのを発見されています。

公式に確認されていない被害もあり、少年少女が殺害されていることも報告されているようです。


この獣は人間を標的としているようで(農場での被害では、家畜がいるのにもかかわらず人間が被害にあっているようです)、特に女性・子供が多くの被害にあっています。確認されている被害は、198回襲撃がされ、死者は88人、負傷者は36人であると言われています。

さらに、この獣の狩りは特徴的であり、現存の肉食動物なら喉元や腕などに噛みつき、行動を封じたり、急所を狙った狩りをしますが、ジェヴォーダンの獣は頭部を狙っていたようです。発見された被害者は頭部を破壊されていたと語り継がれています。


これらの被害が発生する中、この獣に退治する動きもあり、フランソワ・アントワーヌやジャン・シャストルが退治したことで、称号や報酬を得たとされています。

ジャン・シャストルに至っては、1767年に襲撃を止めたことでそれ以降の目撃・被害は報告されていません。

ジェヴォーダンの獣の特徴は、牛と同じくらいの大きさのオオカミに似た生物であり、しっぽはライオンに似ており、真っ直ぐ小さな耳、巨大な犬歯、グレイハウンド犬のような頭部、全身赤い毛で覆われ、背中には黒い縞模様があったとされています。

その正体は謎であり、オオカミ、ハイブリッドウルフ、さらに、魔物説などが挙げられていたようです。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●モンゴリアン・デス・ワーム
  ●コンガマトーについての追記

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
コメント
No:6|
映画にもなってたね。これ。
2008/06/21 06:59|by (`・ω・´)|(`・ω・´) URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。