UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●モア
  ●オーロックス

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク

ニホンオオカミ

2008.07.23
ニホンオオカミは1905年に捕獲されたオスを最後に絶滅したと考えられている絶滅種です。海外のオオカミよりも小さく、中型犬ほどの大きさ(剥製では体長95から114cm)で、脚が長く脚力も強かったと言われています。耳が小さく、尻尾は背中に向かって湾曲し、先端は丸くなっています。

今でも、たまに目撃証言があり、撮影に成功したという記事も新聞に載ったそうです。また、1892年まで上野動物園で飼育していたという記録があるようですが、証拠となる写真などは一切残されていません。

習性として知られているのは、テリトリーに人間が近づくと人間を監視するために後をついてくることから、「送りオオカミ」としても伝えられています。人間が手出ししない限り襲ってくることはなく、現代でいう「ヤマイヌ」よりも温厚な性格であった、とも言われています。また、田畑を荒らすイノシシや猿などを退治してくれることから、神聖な動物として崇められていたようです。


絶滅種はほとんどが人間の手によって引き起こされたものですが、ニホンオオカミについてはその原因がはっきりとしていません。
説①
住みかとなる自然が減少し、食糧を求め人里へ降り、次第に人間を襲うようになった。
説②
ニホンオオカミの種間で狂犬病が流行した。
説③
外来種である家畜犬が野生化し、伝染病が流行した。

説②については文献に記録されているようですが、絶滅時期より100年以上も前のことから直接な原因ではないと考えられています。また、説①も有力なものであるとしていますが、現在では説③が直接な原因ではなかと言われています。


ドイツの博物学者シーボルトはニホンオオカミを飼育し、分析も行っており、ハイイロオオカミとは別種であることを記しています。しかし、生態系の文献はほとんどなくニホンオオカミは謎の多い生物です。

現在、田畑を荒らすイノシシや猿などが人里へおりることも稀にあります。これに伴い、ニホンオオカミ復活計画なども挙げられているようですが、限りなく近い生物であってもそれはニホンオオカミではなく、当初の生体系のバランスが保たれるとも言えません。

------------------------------------------------------------
  【他の記事も見る?】
  ●モア
  ●オーロックス

このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。