UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.27
スカイフィッシュ

スカイフィッシュは、1994年3月5日、アメリカ・ニューメキシコ州のゴロンドリナス洞窟で撮影されたビデオに映し出された未知の飛行物体です。初めて発見された謎の飛行生物です。写真はゴロンドリナス洞窟で撮影されたもの。今までにアメリカやメキシコなど、世界各地で撮影されており、日本では兵庫県神戸市の六甲山がスカイフィッシュ多発地帯と言われています。

特徴は、細長い棒の両側に、ヒレのような皮膜を付けた姿をしており、そのヒレを波打たせて空中を飛ぶ。体長は数センチ~30メートルと様々で、空中だけでなく水中でも活動出来るといわれており、さらに、空中を高速で飛行するため肉眼で捉えるのは難しく、ビデオなどを通してでないと姿を確認できないと言われています。

日本でも話題になっており、ある番組ではスカイフィッシュの巣ではないかと考えられているメキシコ北部のゴロンドリナス洞窟で撮影を行い、飛行するスカイフィッシュの撮影に成功しています。また、他の番組では「モーションブラー」という現象を紹介しており、飛んでいる虫(ハエなど)をビデオカメラで至近距離から撮影すると、虫の動きが早すぎて、映像では虫が引き伸ばされて映るというもので、その現象がスカイフィッシュの正体ではないかとも指摘されています。また、その根拠とも言えるように、「モーションブラー」現象が起き難いハイビジョンカメラでは、ほとんどその姿を捉えることができていません。

また、存在を裏付ける証拠にもなる死骸は一切発見されておらず、生物説を主張する人たちは、死亡すると蒸発する、地中に潜るなどの説を唱えています。

スカイフィッシュの正体は、未知の昆虫説、モーションブラー現象説などが挙げられています。
2010.09.06
モスマン

モスマンは1996年から1967年にかけてアメリカのウエストバージニア州で目撃が多発した謎の奇獣のこと。その姿から蛾人間・モスマンと呼ばれるようになりました。


体長は約2m程で全身毛むくじゃら。首はなく、肩のあたりに異様に大きな赤い目がある。背中には巨大な蛾のような翼を持っていると言われています。また、時速100kmという速度で飛行が可能で、目撃者の中には自動車で走行中に追いかけられたというエピソードもあります。


1996年、特にウエストバージニア州にあるオハイヨ渓谷で目撃証言が相次ぎ、各証言から上記のような特徴が挙げられました。特に有名な証言では、同年11月、レンデニン墓地で埋葬準備していた男性5人が上空に奇妙な生物を目撃。その生物は一見巨大な鳥のように見えたが、ライトに照らされた瞬間、鳥でないことがわかったという。
その数日後、この地域にある火薬工場跡付近を走行していた自動車の運転主が巨大な翼をもった奇妙な生物を目撃。あまりの奇妙さにその場を離れたが、その生物が猛スピードで追いかけて来たという。
同日の夜、そこから100キロほど離れた地域で室内で寛いでいた住人が奇妙な生物の音を聞いた。飼っていた犬が吠えていたため声の方を見ると巨大な翼・赤い目を持った生物がいたという。慌てて室内に逃げ込み翌朝外に出てみると、その怪物の姿と共に、飼っていた犬の姿も消えていたという。
同年11月には多発する怪事件に関する記者会見が郡の裁判所で行なわれるまで事が発展した。

その他様々な目撃証言がありますが、特に目撃証言が多かったのはプレンザント岬にある火薬工場跡周辺。また奇妙なことにその近辺では、時々自動車がエンストするというトラブルが多かったと言われています。また、近隣住宅においては扉が勝手に開閉したり、異音が室内にこだまするなどのポルターガイスト現象も報告されていました。

1967年、怪物の目撃証言があった場所、ポイント・プレザントとオハイオ州カノーガを結ぶシルバー・ブリッジが倒壊。46人が死亡するという大惨事が起こった。

多発するモスマンの目撃証言とこの倒壊事件を結びつける意見も挙がり、橋の倒壊はモスマンが引き起こしたものだという噂も飛び交った。


モスマンの正体については様々あり、この地域ではUFOの目撃証言も多かったため、モスマンは宇宙人が連れてきたエイリアンのペットではないかという説が挙げられています。その他には絶滅した巨大鳥類説、さらにはポルターガイスト現象と結びつけ呪い説などが挙げられています。
2010.08.10
ジャージデビル


ジャージデビルはアメリカ・ニュージャージ州で1800年頃から目撃・語り継がれている未確認生物。

その姿は現存する生物からはかけ離れており、馬の頭部にコウモリの翼、蹄のような後ろ足に鉤爪がある前足。目は赤く、細長い尻尾がある。性格は凶暴で家畜を主に襲い、人間にも襲い掛かることがあると言われています。

古い目撃証言は1800年初頭で、当時海軍であったデケイター准将がパインズを訪れた時に、奇怪な生物が空中を飛んでる姿を目撃。デケイター准将が発砲しその弾が命中したにも関わらずそのまま飛び去ったと証言しています。

1820年頃には、スペインの国王がニュージャージーの地所で奇妙な生物を目撃。

1909年の1月頃、約7日間にかけて100を超える人が奇妙な生物を目撃。積もった雪の上に蹄の跡が残されていたとの証言もある。

1980年代にはニュージャージ州の南部にて家畜を襲ったとされ、馬の蹄に似た足跡が発見されている。

1993年には森林警備隊が自動車を運転中、体長2メートル程の黒い毛で被われた2足歩行の奇妙な生物を目撃。

2007年にはフリーホールドで犬のような頭部をし、胴体がコウモリに似た巨大な生物を目撃。

2008年には、自動車を運転中に、飛行する奇妙な生物を目撃。

このUMAの正体は翼竜説などがありますが、存在が伝説化され、誕生秘話について悪魔説を意識させる内容も語られています。


ジャージデビル誕生
1735年、パインバレンズに住んでいたリーズ家に13番目の子供が生まれようとしていた。
しかし、この出産に限り大変な難産であったため、母親が「悪魔が生まれてくればいい」と毒づいた。
すると胎内から出てきたのは馬の頭部、コウモリの翼を持つ人間にはほど遠い生物であった。
この生物は奇声を上げると翼を広げその場から飛び去っていった・・・、と語られています。

その後、母親に毒づかれ、その姿が醜くなった子供は「リーズポイントの悪魔」・「リーズ家の悪魔」・州の名前から「ジャージデビル」とも呼ばれるようになり、その生物が現れたとされる痕跡には、家畜や動物の惨殺死骸も確認されるようになったと言われています。

その正体が曖昧である未確認生物の1つですが、集団ヒステリーを起こした過去に影響力のあった未確認生物です。

続きを読む »

2010.07.27
イエティは、ヒマラヤ山脈一帯で目撃される獣人のような未確認生物。

体長2m~4mにも達する巨大な獣人のような生物で、足跡の大きさだけでも40~50cmあると言われています。身体的特徴として、ゴリラのような外見で人のような直立二足歩行が可能と言われています。

性格については様々な説があり、イエティの研究者たちによると、いくつかの種類が存在し、肉食で4m以上もの体長をもつ個体も存在するのではないかと言われています。この肉食のイエティはヤクやヒツジなどの中型の動物を食し、時には人を襲う獰猛な性格である事も伝えられています。


イエティの目撃例は非常に多く、100年以上も前から証言があると記録されています。

1889年、イギリス陸軍ウォールデル中佐がインドのシッキム州山岳地帯の標高5200メートル付近で巨大な足跡を発見。

1914年には、山林管理人がシッキム山中で巨大な足跡を発見。

2008年3月、アルゼンチンのサルタン州クロドミラにて深夜、1メートル未満の謎の怪人の姿を撮影に成功。頭部は尖っており、イエティではないかと言われました。その後、この地域では謎の怪人の目撃証言が多発。

注目したいのは、1915年にシッキムの首都に住む老人が僧院においてあったイエティの剥製を目撃したという記録。この剥製の写真の存在がなく、また、メディアで取り上げられていないことを考えると、真意は問えない情報ですが、もし存在していたら一度は見てみたいものです。

イエティの存在を証明するために公開されてきた足跡や毛皮などは一部はニセモノである事が断定されており、クムジュン村のチベット仏教の僧院「ゴンパ」に奉られている「イエティの頭皮」はカモシカの一種のものであることが後の調査で明らかになっています。

探検家による大規模な調査も行なわれており、他の未確認生物と比べ信憑性が高いようにも思えますが、イエティと称した偽の証拠品などで一部の人間が金儲していたという事実もある。

偽の証言も多かったため否定する意見も多く、ヒグマやゴリラのみ間違えではないかという意見もあるようです。

◆イエティの頭皮として祭られているもの
イエティの頭皮

イエティの足跡を日本人が発見!(2008.10.22投稿)
2010.07.21
スカンク・エイプ

スカンクエイプはアメリカ・フロリダ州で目撃されている獣人タイプのUMAです。類人猿(エイプ)のような容姿と、スカンクみたいな悪臭をまき散らすことから、この名が付けられました。

直立二足歩行の獣人であり、腕が長く、全身から強烈な異臭を放ち、性格は凶暴で人を襲う。体長は2メートル程あり、体重は約150キロ、足のサイズは40センチ程と推測されています。また、排泄物の分析から豆を食していることが判明しています。外見はオランウータンに似ているとも言われており、その姿は昼夜構わず目撃され、川を泳ぐ姿も報告されています。


上の写真は2000年の秋、アメリカ・フロリダ州サラトガ郡のミヤッカ州国立公園で、至近距離から撮影されたもの。スカンク・エイプと言えばこの写真を思い浮かべられるほどこの写真は有名なもので、写真以外にも足跡や排泄物が見つかっており、他のUMAに比べ多くの痕跡が発見されています。

また、2008年5月には、フロリダ州のミヤッカ国立森林公園で撮影に成功。木々の間から巨大な影が映し出されていました。


スカンク・エイプの正体は、オランウータン説・未知の霊長類説などが挙げられています。
2010.07.08
オランバッチは、インドネシアのセラム島で目撃、語り継がれているUMA。その姿から、人である「オラン」、こうもりである「バッチ」という名が付けられています。

現地では、伝承が語り継がれており、幼い子供をさらい食らうと言われています。

1987年、イギリス人宣教師タイソンが先住民の農地開墾を援助するために現地入りした際に、伝承のひとつとして情報を得ました。

その後、2004年に自然保護団体のサムエル・K・パークスが、現地で謎の生物について調査していたところ、転落死を遂げるという事件が発生。

正体については不明ですが、一説によると太古に絶滅した翼竜の生き残りではないかと言われています。
2010.06.28
ドッグマンは、アメリカ・ミシガン州で目撃された半人半獣の未確認生物。

2009年の2月頃、子供をあやしていた女性2人が、獣の咆哮聞いた。当時女性らは室内におり、咆哮を耳にしたのち、何者かの影を外に見た。その後、農場の家畜小屋から家畜が騒いでいたため様子を見に行ったところ、そこには奇妙な生物がいたと言う。

目撃証言から、その生物は身長2メートル以上、頭部は犬のようで、2足歩行をしていたといいます。


翌日、家畜小屋を訪れると、そこにはその生物のものと思われる獣のような大きな足跡を発見している。


正体については詳しい検証はされておらず、目撃証言も他のUMAと比べ極めて少ないので謎が多いUMAです。
2010.06.08
モノス

モノスはベネズエラで目撃され、人を襲撃したと言われている獣人タイプのUMAです。別名、ロイス・エイプ。

1920年、スイスの地理学者フランシス・ド・ロイスが、南米ベネズエラの山奥(エル・モノ・グランデ峡谷)にあるタルラ川でキャンプを張っていたところ、で正体不明の2頭の獣人に襲撃されたと言われています。その際、身を守るために発砲し、1頭を射殺。上の写真はその時のものだと言われています。

モノスと名付けられたこの獣人は、射殺した死体より、身長は約1.5m程で全身毛むくじゃら、歯は36本生えていたことが報告されています。また、ロイス氏が襲われたことから性格は凶暴とされており、1954年にも峡谷に入り込んだイギリス人のハンターが2頭のモノスに襲われたという報告もあります。

貴重な資料となったこの死体は頭蓋骨のサンプルが採取されましたが、船で搬送中に転覆し紛失したと報告されています。

モノスの正体については、新種のクモザルだという説が挙げられています。
2010.05.24
キャビット

キャビットは、アメリカやカナダで目撃されている後ろ足がウサギのような猫のUMAです。その姿からキャットとラビットを融合させた「キャビット」という名で呼ばれるようになりました。

最初の発見は1977年、ニューメキシコ州であり、発見者は猫とウサギの混血であると主張しました。その数ヵ月後にはインデャナ州に住む猫の飼い主が自分の猫をキャビットであると主張。同年さらにペンシルベニア州で発見されています。

これら猫の飼い主や発見者らは、ただ猫と一緒にウサギがいたというだけでキャビットだと主張しており、猫とウサギの混血であるという生物学的な証明は一切されていません。

正体については、身体的な障害を持った猫である可能性が極めて高く、また、猫とウサギの混血は不可能という動物学的な見解から過去UMAとして都市伝説化した存在と言えるでしょう。
2010.04.29
ヒバゴンヒバゴンは日本の広島県と鳥取県の県境にある比婆郡西城町の比婆山で目撃された直立2足歩行の獣人。海外メディアでも紹介されたことがありなかなか有名なUMAです。この「ヒバゴン」という名前は、地元の「類人猿対策委員会」が怪物の生息地と見られる比婆山の名をとって付けたものです。

体長は1.5~1.7メートル程で、全身黒い体毛に覆われており、頭部が異様に大きく、顔は人間のようで筋肉質。足跡は約20cmと言われています。

1970年7月20日が最初の目撃とされており、この3日後の朝にも民家の田んぼで地元住民に目撃されている。さらに同年の12月には雪原に足跡が発見されるなどこの年だけで12件もの目撃証言が報告されました。


その後、71年~73年の間、夏にり山を降りてきたところを目撃され、1974年8月15日には地元住民によって柿の木に飛びついた瞬間の写真が撮影されました。上の写真がその時のものです。この時にヒバゴンが足跡を残しており、長さは20cmで、サルなどの足跡とは異なっていたと証言されています。

1974年以降目撃されていませんが、この騒動を受けてか似たような獣人を目撃したという証言がいくつか報告されました。


ヒバゴンの正体は、ニホンザルや熊の見間違え説・大ザル説・未知の霊長類説などが挙げられていますが、見間違え説が有力のようです。
UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。