UMA情報や不思議な動物など気になる情報を綴ったブログ。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.29
「自殺」は人間以外他種の生物では不可能とされる行動ですが、2009年8月、スイス・アルプスの崖から、数十等の牛が飛び降りるという奇妙な行動が報告されました。

アルプスで牛の集団自殺

この行動は3日間続けて報告され、計28頭の高山の牛がその命に終わりを告げました。


自然界で起きたことに過ぎませんが、実はこれも環境に影響する大きな要因となるようです。

我々日本人が持つイメージではアルプスと言えば牛などの放牧が連想されますが、これは人間が作り出した光景。餌となる雑草が豊富なこのアルプスに人間が牛を連れてきているのです。

自然に沿って見守ることが大自然の掟ですが、この地域には牛を捕食できる肉食動物がいないため、腐敗することで地下水の汚染が懸念されています。そのため、牛の死骸をその場から撤去するためにヘリによる回収作業が行なわれました。


この奇妙な行動について地元での見解は激しい雷雨のために驚いて通常しないはずであろう行動を取ってしまった可能性があると言います。


「自殺」に関して有名な動物と言えば「レミング(和名:タビネズミ)」が挙げられます。近年まで自殺をする唯一の動物として誤解されていたレミングは大繁殖と激減を繰り返し、大繁殖した時には壮大な集団移住をすると報告されます。移住の際、多くのレミングが海に身を投げることが報告されており、種の数を調整するための種の保護のための自殺であると信じられていました。

しかし、近年、この集団自殺とされていた行動はあくまで移住の際に起こった事故であり、泳ぎが達者なレミングは自殺をしているわけではないと考えられるようになっています。

アルプスにて牛の集団自殺-写真
2009.08.19
一昔前にはブームが訪れたかのようにUFO目撃証言が急増した時期もありますが、その原因はどうやら人為的に作られたものが絡んでいたようです。

イギリス国防省は報告されていたUFO目撃証言について、1996年をピークに急激に増えていたことを受け、当時テレビで人気となった「Xファイル」が原因である可能性があると発表しました。

発表では、1995年には100件ほどの目撃証言が、Xファイルが放送された1996年には6倍にも目撃情報が増えていました。

明るい光が空にあるとそれをUFOだという人もいますが、ただのご認識である可能性が高い。

国防省ではこれら目撃情報の90%は説明がつくとしていますが、残りの10%は未だ説明不可能として説明は控えています。

多くの専門家が地球外生命体はいるという見解を持っていますが、何百光年もの距離を移動し地球に訪れることが可能なのか疑問です。

以前、日本の議会でもUFOについて討論があったのは多くの人が記憶しているのではないでしょうか。議会は一変和やかムードになり、この場では地球外生命体の存在の有無という根本的な議論が行なわれましたが当然結論はでませんでした。しかし宇宙人がもし日本を攻撃してきたらというケースについて、日本領土の上空を飛行している場合、当時防衛大臣は領空侵犯として扱うとして言及(あくまで個人の意見として)していたような気がします。


以下、自衛隊法引用
※第84条(領空侵犯に対する措置)
防衛大臣は、外国の航空機が国際法規又は航空法(昭和27年法律第231号)その他の法令の規定に違反してわが国の領域の上空に侵入したときは、自衛隊の部隊に対し、これを着陸させ、又はわが国の領域の上空から退去させるため必要な措置を講じさせることができる。
http://www.houko.com/00/01/S29/165.HTM#s6
2009.08.08
振り向く影この写真は、イギリスのイングランドのノリッジという都市で、アンドリュー・キット氏という写真家と彼のスタッフ数名で撮影したときに撮影されたもの。

写真には、ドレスを着用した姿でこちらを振り向いているかのような人物の影が捉えられていました。まるで踊っているシーンの一コマのようにドレスがめくりあがり躍動感があるようにも見えます。

彼曰く、撮影したのは夜の10時過ぎで、現場の中庭を撮影したものだそうですが、この時誰一人として通行人は居なかったと言います。

この建物の支配人にようると、映画技師の一人が過去、深夜にささやき声を聞いたことがあったそうです。

この写真を撮影したアンドリュー・キット氏は、この影が身につけているドレスはチューダー様のドレスのようにも見えますと話していますが、この影の正体は明らかになっていません…。


※チューダー
1485年から1603年繁栄した王朝。チューダー朝とも言い、この時代に立てられた建造物のデザインは今でも支持されています。この時代に流行ったドレスがチューダー様のドレスということになります。

Is this a ghost caught on camera?
2009.07.25
出現したオーブをスロー再生して映し出されたもの

この動画は2009年7月23日に投稿された映像。

深夜、室内を撮影していたビデオカメラに心霊現象と言われるオーブが出現していたことが発見されました。

映像の右下から現れたオーブは左上まで移動、わずかの間その場にとどまった後、再度右下に消える。

高速で動いていたようで、スロー再生すると謎の球体が伸びて捉えられていることが確認できます。しかしさらにじっくり見てみるとさらに興味深いものが…。



進行方向を向く球体の先端には顔らしきものが…。しかも顔のように見える先端よりちょっと後ろあたりに下に伸びる手?のようなものも…。

オーブといえば球体を思い浮かべますが、この映像に映し出されたオーブは完全なる球体ではなかったようです。
2009.07.16
先日、地球滅亡に関する特集が放送され、興味を持った方も多いようです。


地球滅亡の原因には、
●太陽系が高エネルギー光子・フォトンベルトに突入する。
(大昔に何度も繰り返された生物の大量絶滅と進化にフォントベルトが影響しているという説もあるようです。2012年仮に突入したとしたら高エネルギーに絶えられない生物は死滅、一部の残った生物(人間)は遺伝子レベルでの変化が起こる)

●地球を保護する層に穴が開いており、太陽が最も活性化する極大期になるであろう年と層に空いた穴が太陽と直面するであろう年が予言日と重なるという推測。
(これにより太陽風が直接地球に降り注ぎ、影響をもたらす。ここ最近では太陽が衰えず(極小期を迎えず)活発化していることが確認されているようです。)

●人間同士による核戦争

●宇宙人による侵略
(クラリオン星人と対話したという人の話によると、人間は宇宙人と地球の原始的な生物の遺伝子を掛け合わせて作られた生物であり、増えすぎた人間を抹殺するそうです…。)


まぁ、宇宙人がどうのこうのというのは信じがたいですが、観測された事実からの推測はちょっと怖い気もします。

フォントベルトについてはこちらに詳細が記載されています。

▼気になるクラリオン星人についても書籍も登場しています。
驚くことに、クラリオン星の音楽CDも付属しています!
2009.07.15
嫌がらせをする精霊に対して訴訟サウジアラビアのメディナ近郊に暮らす一家が、精霊に嫌がらせを受けたとして裁判所に訴訟をおこしたと現地紙が13日付けで報じました。

訴訟の内容は、15年暮らす家屋に約2年ほど前から精霊が現れ、投石や、ボイスメールでの恐喝、携帯電話の窃盗を繰り返しているという…。


物が勝手に動いた、家電製品の電源が勝手にONになったなどの現象はポルターガイスト現象でも報告されていますが、ボイスメールで恐喝するという現象は新しい事例だ。


イスラム教では精霊の存在が信じられており、日本人のようなオカルト的な存在ではありません。聖書コーランにも精霊の存在が記述されており、コーランに基づく法律が発展したイスラム法であるため、今回の訴訟が認められた珍しい事例とも言えます。

なお、今回の訴訟に対し裁判所側は困難であることを認めたうえで証言の信憑性を調査するそうです。


日本においてもオカルト的な裁判がいくつか実現されています。当ブログでも紹介した【人を癒す霊水を作る女性】や、夫の浮気に怒った妻が夜な夜な丑の刻参りをしていたとして夫が訴えを起こした裁判が有名かと思います。

結果はいずれも科学的に立証できないために無罪となっていますが、サウジアラビアの裁判でどのような判決がでるか気になるところです…。
2009.06.30
       約6億年後の地球

ご承知の通り、太古と現代とでは地形は異なり、今もなお、大陸は動いています。様々な予言で滅亡説が浮上するこの地球ですが、もし仮に地球が存在していたら約6億年後の地球はどのように変わっているのでしょうか。

        

以前テレビで未来の地球について特番が放送されましたが、人間は滅亡し、現在の陸上生物は死滅、湿度が上昇した地球の限られた大地で軟体動物門・頭足綱であるタコやイカが陸上生活に適応し、まるで現代の猿のように木々を腕を使って渡り飛び交う光景が印象的でした。

また、ある種ではイカのような軟体動物門・頭足綱が巨大化し、歩行可能なものも登場すると紹介されていました。

もし仮に、人間が滅亡しなかったとしたらどのような姿で存在しているのでしょうか。地球ではなく、宇宙に建設された基地での生活が当たり前な時代になっているかもしれませんね。
2009.06.21
遊園地の上空にリング状のUFOが出現2009年6月13日、アメリカのKings Dominionという遊園地の上空に突如、リング状のUFOが出現しました。

訪れた家族らは大変驚き、信心深い人々からは神からのサインとも呼んでいるそうです。

Kings Dominion関係者の話によるとこのリング状のものはVolcanoと呼ばれる乗りからの煙であると主張。UFO捜査官も過去の目撃例などからこれが煙であると主張しています。

続きを読む »

2009.06.12
地球崩壊の日地球と火星が衝突し、太陽系が滅する時期が来る…、そんな研究結果が科学雑誌、ネイチャーに掲載されました。

パリ天文台の研究者がコンピューターシュミレーションにより天体の起動の不安定性を測定したところ、2501通りあるうちの25通りは太陽系に致命的な影響をもたらす結果に。

直接接触しなかった場合でも、かすめただけで粉々になってしまうそうです。

惑星同士の崩壊を防ぐ可能性として、最も太陽系で不安定にある水星の軌道の変化。仮に水星の軌道が変化し、太陽系外の木星の軌道と共鳴することで、太陽系内の軌道は全て現状維持が不可能となってしまうそうです。

これにより、火星との接触は防げるそうですが、地球が太陽との距離を保てなくなる可能性が高いため、どのみち生命維持が不可能になりそうな気もします。

2012年にマヤ文明の暦が終わるとして地球滅亡説がささやかれていますが、これはずっと先の話。35億年間は発生しないそうです。


●太陽系
地球 → 水星 → 金星 → 地球 → 火星 → 木星 → 土星 → 天王星 → 海王星 → 冥王星(準惑星)


●準惑星とは
簡単に言えば、太陽を中心に周回し、自己を球体に保つだけの重力をもち、公転軌道において支配的ではない、こと。

過去教材でも冥王星は惑星と表記されていましたが、2006年に準惑星としての分類に格下げされました。冥王星は海王星の軌道と交わり、また海王星の存在があるためその軌道を保っているとされているそうです。
2009.05.30
実在したマンドレイク錬金術の材料として用いられ、不老長寿の薬として語られるマンドレイクですが、中国の山東州でまるで人間の夫婦のような形をする根っこを持つ植物が発見されました。

写真がその発見されたマンドレイクと言われているものですが、見事に人の形を模っています。

ご存知かもしれませんが、マンドレイクは現存する植物であり、地中海から中国にかけて自生する植物です。


●現存するマンドレイク
ナス科マンドラゴラ属に属し、紫色の花を咲かせます。古くから鎮痛剤などとして利用されてきましたが、服用すると幻覚症状や錯乱状態となり、最悪死に至ります。これら麻薬作用があることから現在では使用されることはないようです。


●伝説上のマンドレイク
錬金術の材料として用いられ、不老長寿の薬として語られています。成熟する前に引き抜くと、奇声・かなきり声を上げ、それを聞いた者は死に至る。成熟すると地面から這い出し、脚のように分かれた根で歩くとされています。自生する場所は処刑台など血や体液が流れる場所という説もあります。


▼伝説上の採取方法
マンドレイクを採取するためには奇声を聞かないことが前提であり、耳栓をするという手段がオーソドックスな方法として伝えられています。その他、愛犬とマンドレイクを結び、遠くから犬を呼ぶことで身代わりとなり採取させる方法も伝えられています。
UMA・不思議カテゴリ

UMAのしらべ ブログ内検索
「UMAのしらべ」について
UMAや宇宙人、UFOネタや不思議な生物、古代の生物、過去オーパーツと呼ばれた遺物などについて、興味のあった内容を書いている趣味のブログです。真相については嘘臭さを漂わせる内容のものもありますが、嘘か本当かに拘らず、一部の人達の間で噂になったユニークな情報などを収集していけたらと思っています。

※このブログは真相を追究するブログではありません。

コメントについて…
申し訳ございませんが、スパムコメントが多いので、投稿いただいたコメントは承認後、表示するようにしています。投稿後即表示されませんのでご了承下さい。

■最近は・・・ ・2012/11/29
記事に関して、執筆(大げさだけど)に関して、様々なメッセージ有難うございます。
現在仕事が忙しく、またネタも尽きてしまったので更新が滞っています。
ちょっとした記事の数々ですが、情報収集にそれなりに時間を要したため過去のように定期的にアップできないのが現状です。
すごくマニアックな内容のブログですが、またネタを探し不定期に更新していこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。